ブログ

浮気調査をするなら証拠集めが肝心!浮気の証拠の集め方と注意ポイントについて

「配偶者が浮気をしているかもしれない」と察知すると、ショックで落ち着かない日々となるでしょう。しかし、浮気をこのまま放置するわけにはいきません。まずは、白黒をはっきりつけたいものですよね。

そのうえで、離婚や慰謝料の相談を弁護士にするか、パートナーに浮気相手と別れて欲しいのか…など、それぞれのお考えがあるかと思います。

いずれにしても、パートナーが浮気をしている証拠集めが肝心です。「証拠にできるもの」を見極めながら調査するために、今回は浮気調査の証拠集めのポイントをお伝えしていきます。

この記事の監修者
第一リサーチ探偵社 代表:小野 高嗣
2019年に大手探偵グループのフランチャイズとして開業し、浮気調査をメインに年間平均200件以上の依頼を解決する実績を誇る調査のエキスパート。
関東の20社以上の探偵社に向けて調査研修や講演会を行うなど、業界全体のスキル向上に貢献。 これまでに50社の探偵社開業を支援し、多くの新規開業者をサポートしてきた。
2024年に「第一リサーチ探偵社」を設立し、さらなる発展を目指して活動中。

まずは浮気の可能性を知るところから

初めに、浮気の可能性をチェックしてみましょう。

浮気を疑う行動パターンの中には、
・何となく冷たくなった
・話しかけても素っ気ない
・残業が増えた
といったものがあります。

ただ、これらの場合、浮気とは違った問題が潜んでいるのかもしれません。仕事で何かトラブルがあって家庭のことを考えられないほどの心理になっている可能性もあるでしょう。

浮気をしている場合、上記の行動パターンに加え、
・スマホばかり気にしている
・休日に一人で外出するようになった
など、スマホを触る回数が増えたり、誰かとLINEしているなど、家族にヒミツの怪しい行動を見せるようになる人が多いです。

慰謝料を請求したいなら“浮気の証拠”は必須

パートナーが自分を裏切って浮気をしているなんて、許せない気持ちになりますよね。

「離婚話も出ていない・婚姻関係も破綻していない」という状況の中の不倫(不貞行為)なら、慰謝料請求をすることができます。

基本的に慰謝料請求には浮気調査で得た証拠が必要です。

また、場合によっては証拠がなくても慰謝料をもらうことができます。

証拠がなくても慰謝料請求ができるケース

これまで夫婦として問題なく過ごしてきた間柄なら、夫や妻の怪しい行動に「浮気かも…」と気づきますよね。そこで、怪しいと思うところを相手にぶつけてみたところ、すんなりと認めるケースもあります。

夫婦2人で話し合った結果、「慰謝料がほしい」という要求に合意してくれることもあるでしょう。浮気をしたパートナーが慰謝料に同意しているなら、これ以上、調停や裁判などの法的な手段に訴える必要もなく、証拠探しも不要。証拠を提示しなくても、パートナーから慰謝料をもらうことが可能です。

浮気調査で証拠を見つけてから慰謝料請求することが重要

上記でお伝えしたような「証拠がないのにパートナーが慰謝料に合意するケース」はほんの一握りではないでしょうか。

たとえ本当に浮気をしている場合でも、言葉だけで浮気を疑われたときは、何かしらの理由をつけて言い逃れをする人の方が多いのかもしれません。

パートナーの性格にもよりますが、証拠がないことで話し合いさえも応じてくれないケースもあるでしょう。

そのため、ほとんど証拠がない状態で相手に問いただすのはリスクがあります。いったん「浮気を疑っている」ことを知られると、その後の浮気が慎重になって証拠が掴みにくくなる可能性もあるからです。

パートナーが浮気をしているなら絶対に慰謝料をもらいたい…という強い気持ちがある場合は、交渉事を有利に進めるように「浮気の証拠を見つけた段階」で物事を進めていきましょう。

浮気の証拠にできるものとは?

慰謝料を請求する場合、第三者が見ても浮気と分かるような証拠を提出しなければなりません。そこで、どんなものが浮気の証拠にできるのか、ひとつずつ見ていきましょう。

浮気と断言できる写真・動画

“配偶者”が、“夫(妻)以外の誰か”とラブホテルに頻繁に出入りしている様子の写真などは、浮気の有力な証拠にできます。

しかも、1回だけではなく、別日に何度も一緒に訪れている写真があれば、浮気の証明にできるでしょう。

浮気の線引きは人それぞれ違いますが、法的に慰謝料請求が認められるのは「配偶者以外の者と肉体関係があった」というケースのみです。

そのため、
・一緒にレストランで食事をしている写真
・会社帰りに腕を組んで歩いていた
といったシチュエーションは、完全なる浮気の証拠にはしづらいでしょう。

食事をしているだけなら「相談にのっていた」、腕を組んで歩いているのは「酔ってふらついたから腕を貸していた」と言い逃れされるかもしれません。法的な証拠写真としては不十分です。

また、不貞行為そのものの動画などがあれば、確実性の高い証拠にできます。

しかし、普通にその様子を撮ることは現実的に難しく、隠し撮りなど違法性が高まると、逆に立場が弱くなってしまうので注意が必要です。

浮気の可能性を示すホテルの領収書

ホテルの領収書も浮気の可能性を示す証拠にできるかもしれません。クレジットカードの明細書も浮気の手がかりになるでしょう。

特に、出張などで遠出しているわけではなく、家から近いエリアのホテルを何度も利用しているなどなら、かなり怪しい行動です。ただ、「1人で行った」と話を逸らされる可能性もあるため、確実な証拠としては弱いかもしれません。

浮気相手との電話や会話を録音したもの

パートナーが浮気相手と思えるような人としている会話も証拠になりやすいです。

たとえば、
・この前の2人だけの旅行は楽しかったね
・今度アパートに泊まりに行くよ
・朝まで2人で過ごしたい
・好き、愛している
などの会話が入っていれば、単なる同僚や友達とは言えず、浮気の証拠として有力にできるでしょう。

しかし「この前の食事は美味しかったね」「相談にのってくれてありがとう」程度なら、肉体関係に結び付けづらく、慰謝料請求の証拠としてはかなり弱いです。

浮気をほのめかすメッセージのやり取り

パートナーとの不貞行為を想定させる、メッセージのやり取り画面も慰謝料請求の証拠にできることがあります。

音声と同様、
・浮気相手の家に朝まで泊まったこと
・ラブホテルに何度も一緒に行ったこと
・二人だけの旅行に出かけたこと
などの文章ならば、浮気の証拠として効力が出るでしょう。

ただ、これだけでは確実性がないため、ほかの証拠と複数提出すると認められるケースがあります。

パートナーの手帳に書かれているスケジュールも証拠にしやすい

浮気相手と出かけたことをスケジュール帳に記している場合もあるでしょう。

浮気を連想させるような「○○君のアパート・○時」「○○ちゃんと○○ホテル」などの内容ならば、浮気の証拠として出せるかもしれません。

特に、その際にハートマークなども一緒に書かれていれば、肉体関係を連想させることもできます。

探偵事務所からの調査報告書

探偵事務所が調査の結果を報告書としてまとめたものは、調停や裁判などで有力な証拠にできます。尾行や張り込みで浮気現場を写真・動画におさめてもらえた場合は、証拠としてかなり強力です。

浮気を認めた際のパートナーとの会話の録音データ

パートナー自身が「自分は浮気をしている」と認めている発言は、慰謝料の際の証拠として有効です。「言った言わない」を防ぐためにも、会話を録音しておくといいでしょう。

ただ、部分的な会話は証拠にできない可能性が高いです。

たとえば、「浮気をしている」といった短文だけしか音声データがない場合、「ほかの人の話だった」「テレビドラマのことだ」などと逃れられることもあるでしょう。「言わせられた…!」など言われないように、浮気を認めた会話は一連の流れが分かるように録音しておくことも大事です。

証拠を集める方法

証拠を集める方法として、「自分で探して集める」「探偵事務所に依頼して調査してもらう」の2パターンがあります。それぞれ見ていきましょう。

自分で証拠を探す

自分で浮気調査をして証拠を集める方法があります。スマホやバッグ、車の走行履歴などをチェックすれば、浮気の手がかりが潜んでいるかもしれません。

パートナーを尾行して、決定的瞬間を撮影する方法もあります。

ただ、尾行は予想以上に難易度が高いです。パートナーを見失わないように尾行するだけでなく、「気づかれないように写真を撮影する」「ホテルや浮気相手のアパートから出てくるまで待つ」といった根気も必要になります。

自分で浮気の証拠を探すのは、探偵事務所への依頼と違って無料です。コストはかからない反面、尾行に気づかれる可能性や、証拠にできない写真を撮ってしまうリスクなども考えられます。

特に気をつけたいのが違法行為です。専門的な知識が疎い状態で証拠探しをしていく中、法に触れることをしてしまい、立場が悪くなることもあるでしょう。

探偵事務所に依頼する

自分で浮気調査をした場合、パートナーの浮気現場を見たときの衝撃は大きいでしょう。証拠として写真を撮影しなければならない瞬間も、あまりのショックでシャッターチャンスを逃す可能性もあります。

しかも、法的な知識が分からず、意図せずに違法行為を行って証拠を集めてしまうかもしれません。

そういったリスクを考えると、探偵事務所への依頼がおすすめです。プロだからこその知識と道具を駆使して、依頼者のために浮気調査を行ってくれるからです。

費用相場は依頼する内容や探偵事務所によって変わるため、事前に説明を受けながら見積もりをしてもらいましょう。

探偵事務所からの報告書は、離婚訴訟や慰謝料などにも役立ちます。

証拠にしづらいもの、証拠として認められないものとは?

次に、証拠としては有力にならないものを見ていきましょう。

パートナーであることが分かりづらい“ピンボケ写真”や“後ろ姿”

ご自分で証拠写真を撮ろうとするケースにありがちなことですが、写真のクオリティが低いのは証拠にしづらいでしょう。

・顔を写したつもりなのにぼやけている
・後ろ姿しか撮影していない
などは、誰かが特定できずに、証拠にできないことも多いです。

撮影日時が不明の写真

撮影日時がはっきりしていない写真は、法的な証拠にはできません。日付がないばかりに、「それは結婚する前の写真だ」と言い逃れされる可能性もあります。

それに、「ラブホテルに入った瞬間・出てきた瞬間」を撮影したとしても、時間が分からなければ「すぐに出てきた」と言われる可能性もあります。

違法性のある浮気調査で得た証拠

誰が見ても浮気と分かる証拠であるにも関わらず、証拠とは認められないものがあります。それは、違法性の高い浮気調査で得た写真や音声などです。

たとえば、
・浮気相手の住宅や敷地内に入り込んで盗聴器をしかけた
・パートナーのスマホに不正アプリを入れた
などです。

住居侵入罪や不正指令電磁的記録供用罪といった“犯罪行為”で、逆に自分が罪人として扱われてしまうケースもあるので注意しましょう。

まとめ

パートナーの浮気を疑った際、探偵事務所への依頼を少しでも考えるのではないでしょうか。

しかし、「費用はどのくらいなのだろう?」「相談に行くのが恥ずかしい」などから躊躇うかたも多いです。

ただ、浮気されたことを機に「離婚・慰謝料請求」という選択をするのであれば、確実な証拠が必要です。

自力で浮気調査をして証拠集めをするのはかなり難しいのが現状です。証拠にできると思っていたら、証拠にできなかった…というケースもあります。

浮気をされた側が悔しい思いをするのは残念なことですよね。

話し合いや法的な場でも効力のある証拠を掴むためには、浮気調査の専門家である探偵事務所への依頼をおすすめします。


一覧へ戻る